GDSクラブ入会

‹ 2018/05/31 › CGFようやく安定して作れるようになりました

ピュアガラス管が販売されなくなって久しいですが、色んなメーカーの遠心分離機を使用して、回転数を変えたり、温度を変えたり色々試しましたが、CRFがなかなか安定して作れませんでした。

しかし、本日、テルモ社の開発者と、じっくり話しあいをしました結果、フィプリン膜を作るという意味だけであれば、ベネディクト管2を使って、シャカシャカ転倒混和をしっかり行うことで出来ることが判明しました。

 

‹ 内ボーダー(内側弁)処理 光重合タイプのリベース材‼️ ›