GDSクラブ入会

2015IDSに参加してきました。

世界最大のデンタルショーで、今後数年間の歯科界の向かう方向を垣間見ることが出来ます。

今回は予測通り、CADCAMの進化と、3Dブリンターの精度の進化は最先端側どは目を見張るものがありました。CAMの進化はレーザーCAMへ進化の方向性に切り替わり、CADの進化はTransdisciplinalyへ発展し、3Dブリンターの精度/表面性状は飛躍的に向上しており、積み上げ方式から吊り下げ方式で築盛板の重力補正に依存される精度も解決され、最終的な精度が飛躍的に向上しておりました。

これからの時代、CADCAMは臨床に外せないアイテムとなってきてるので、トータルソリューションとして、どのメーカーを導入すべきかしっかりと見極めていかなければなりません。

 

‹ 第4期GDSデンチャー技工各論... 待望の新刊!松本先生著「GDS... ›