GDSクラブ入会

 今回は歯科用覆髄剤として上市されている「VERICOM社 Well-Pulp PT(歯科用覆髄剤)をご紹介いたします。特徴としては化学合成されたカルシウムアルミノシリケートを主成分とするものであり、天然鉱物由来のMTAセメント類とは一線を画したタイプです。

優れた組織親和性を有し、水和反応による水酸化カルシウムを経時的に生成することで高アルカリ環境を維持し、硬組織誘導能がみられることも特徴となっています。色調は白色のため審美性にも影響が少なく、X線造影剤にも酸化ジルコニウムを採用しているので耐変色性にも優れています。

さらに練和不要のパテタイプのため充填時の操作性が非常によく、MTAセメント使用時の煩雑なストレスが軽減されます。ただ使用実感としては、シリンジから採取した直後では若干柔らかいため充填操作時の賦形性に慣れが必要であり、使用実感としてはあらかじめ滅菌ガラス練板上に採取しておき10分程度経過した後に若干乾燥した状態で使用するのが適していると思われます。

なお、保険診療適応外ではありますが、歯根端切除後の逆根管充填材や根管内の穿孔部封鎖材としても操作しやすい実感があります。皆さん、一度お試しあれ!!

 

‹ シリコンバイト材の使い分けに... 上顎第1大臼歯のポジション ›