GDSクラブ入会

‹ 2019/12/25 › 義歯重合後の割り出しの工夫!

技工士ならば義歯重合後の埋没材からの割り出しで人工歯を破損したり義歯床を割ってしまった経験があると思います。
そんなトラブルを防ぐための工夫として薄いプラスチック板を三角形に切ったものを二次埋没時に差し込んで割り出しを容易にしています。
写真のように割り出しの方向を考慮してプラスチック板を7番の後ろからと何箇所かに差し込みます。
その際、二次埋没は少し厚めに(7番の所は特に)盛る、分離材はしっかり塗る、以上のことを考えて行うと簡単に力を入れずに安全に割り出しが行えます。

 

‹ ノンクラスプデンチャーの欠点の...