GDSクラブ入会

‹ 2020/02/04 › シリコンバイト材の使い分けについて

 

 プレミアムプラスジャパンより11月に発売されたシリコンバイト材「ソールバイト スーパーファースト」は操作時間15秒、口腔内保持時間20秒であり、この特徴を 臨床で活かすためには義歯治療の咬合採得時のように、個々の歯が咬合採得時に沈 下や傾斜をしない場合に有効的であり、咬合させた状態で横からバイト材を流し入 れるように咬合採得する。口腔内の填入はスムーズに行え、硬化が早いため患者さ んも楽であり好評であった。 また同社では「ソールバイト(操作時間20秒、口腔内保持時間30)」の通常の 硬化時間のシリコンバイト材があり、こちらは咬合紙にて咬合点を印記した後に咬 合面部に築成したのちにタッピングさせてマッシュバイトを採得する際に有効的で ある。填入操作もしやすく、咬合紙印記部分におけるバイト材の突き抜け部分が確 認しやすい材料であった。

今後も臨床で使っていきたいと思う2つの商材でした。

 

 

上顎第1大臼歯のポジション ›